脇汗のシミが黄ばむとワキガなのか

ワキの下は他の部分よりも汗をかきやすい場所です。

ワキには汗腺がたくさんあるため、どうしても汗が多くなりがちです。

ある日気づいたら、お気に入りの衣服のワキ部分が黄ばんでいたということはないでしょうか。

毎日洗濯しているのになぜ脇の下だけ黄ばむのか、もしかしたら自分はワキガなのではないかと気にする人もいるでしょう。

脇汗のシミが黄ばんでいるのは、ワキガだからでしょうか。

よく、ワキガの人は着ているものの脇の下が黄ばんでいると言われていました。

しかし、ワキガでない人も、衣類の脇の部分が黄ばんでくることがあります。

これは、落としきれなかった皮脂汚れが蓄積され、それが酸化して黄ばんでくるのです。

洗剤をつけてもみ込んだ後、酸素系漂白剤につけ置きして洗濯すれば黄ばみは落ちます。

しかし、この方法でも黄ばみが落ちなかった場合はワキガを疑わなければなりません。

同じ黄ばみでも、ワキガの人は黄ばみの原因が違うからです。

ワキガはアポクリン汗腺から出る汗にニオイ菌がついて繁殖し、嫌なニオイを発するものです。

ワキガの人はアポクリン汗腺が発達している傾向にあり、皮脂が多い汗が出やすくなります。

ワキガの人の黄ばみは、このアポクリン汗腺から出るリポフスチンという色素成分です。

これが服について黄ばみになります。この黄ばみは漂白剤では落ちにくいと言われているので、もし酸素系漂白剤で黄ばみ取りをしても取れなかった場合は、アルカリ性洗剤を使ってつけ置き洗いをすると良いでしょう。

脇の下が黄ばんでいるのを見つけたからといって、ワキガだというわけではありません。

まずは酸素系漂白剤で黄ばみを落としてみて、それで落ちれば問題ありません。

しかしこれでも落とせない、そして汗臭さとは違う嫌なニオイがするという場合はワキガかもしれないと考えた方が良いでしょう。

下着や服に黄ばみがつかないようにするには、汗が直接衣類につかないようにすることが大切です。脇の下は汗をかきやすい場所なので、制汗剤を使って汗を抑えるようにするなど対策をしましょう。

汗とりパッドなどを併用すると万全です。

特に夏場は汗がたくさん出ますから、特に念入りに対策をしないといけません。

最近ではスーパーやドラッグストアなどでも多くの制汗剤が売られています。

いろんな制汗剤を使って試しているけれど「これだ!」というものに出会えていないのであれば、インターネットのみで購入できる制汗剤などもあります。

そういったものも一度試してみて、自分にぴったりの制汗グッズを見つけましょう。

コメントする