脇汗と相性の良い服って?店員さんに相談してみよう!

私たち人間は、汗をかく生き物です。

汗は、体温調節のために大事な役割を持っていて、特に脇の下の汗腺は活発なのです。

ですから、お気に入りのお洋服を着ていて気づいたら、周りに分かるくらい脇の下の汗がびっしょりだったなんてことありませんか?

脇汗のシミ、なるべくなら周りの人に気付かれたくはありませんよね。

そんな脇汗ジミが目立ちにくい相性の良い服をお教えしましょう。

色で選んで視覚でごまかす!


やはり、一番脇汗のシミがごまかしやすいのは、「色」でしょう。

びっしょり汗をかいてい濡れてしまったときは、元の着ている服の色とあまり差がでない色がよいですよ。

黒が一番目立ちにくく、紺など暗めの色が無難です。

逆に目立ちやすい色とは、グレーやベージュなどの明るい色ですね。

「柄物」も目立ちにくくおすすめですよ。

色んな柄やたくさんの色が入っていることで、汗ジミの部分が分かりにくく、視線も絵柄のほうに向くからですね。

大柄よりも小ぶりの花柄など細かい柄を選ぶとよいですね。

「速く乾きやすい素材」のお洋服もよいでしょう。

しかも色を気にしなくてもよいのは嬉しいところですね。

速乾性の素材は、汗をすばやく吸収して発散させることができるので、そもそも汗が染み込みにくいのです。

ポリエステルと綿の混合素材が速く乾きやすいのでおすすめです。

その他、メーカーによっては速乾性のあるシャツなどを出しているので、そういったものもよいですね。

ただし、ワキガの人は、ポリエステルが混合されている服は避けたほうが無難です。

ポリエステル素材に汗がついてしまうと、その成分が残りやすく、より強いニオイを発してしまうのです。

あとは、「脇が直接ふれないデザインのもの」を選ぶとよいですね。

ドルマンスリーブなどは腕周りに余裕があるので、脇が直接ふれることがないので、脇汗ジミを作りません。

夏であればいっそのことサマーニットやノースリーブというのもよいでしょう。

汗脇パットやインナーで対応するのもOK

お手持ちのお洋服が、脇汗シミが目立ちやすい服であれば、汗取りつきインナーやキャミソール、脇汗パッドなどを活用するのもひとつの手でしょう。

または、防水スプレーを脇の縫い目のところにふきかけるというのもアリですね。

しかし、脇汗パッドなどは盛り上がってしまったりはみ出たりするのが欠点なところで、タイトな服を着るときには避けたいですね。

そういったときには防水スプレーでしょう。

防水スプレーにもいくつか種類があるので、素材を確認してから使うようにしましょう。

お洋服や防水スプレーなどは成分や種類がたくさんあり、迷ってしまったりした場合にはお店の店員さんに相談してから買うことをおすすめします。

コメントする