制汗剤とデオドラントの両方の機能を持つクリアネオ

真夏にかく大量の汗は、顔を背けたくなるような嫌なニオイの原因になるので気になりますよね。

会社帰りの満員電車で、周囲の人の汗のニオイで鼻が曲がりそうになったという経験をしたことはないでしょうか。

そんな嫌な汗のニオイ対策として人気なのが制汗剤やデオドラント用品です。

デオドラント用品は臭いと汗の悩みの必需品

デオドラント用品

両者には多少の違いがあり、制汗剤は汗が必要以上に分泌されるのを防ぐことでニオイの発生を抑えてくれますし、デオドラントは雑菌の繁殖を防ぐことでニオイの元を断ち切ってくれます。

自分の肌質や体質に合わせて商品を選ぶことがコツとなりますが、クリアネオは、制汗剤とデオドラントの両方の機能を持った大変優れたケア用品です。

配合されているイソプロピルメチルフェノールが雑菌を減らし、パラフェノールスルホン酸亜鉛が汗の量を少なくしてくれます。

さらに、柿渋エキスが効果的にニオイを抑制してくれるのがクリアネオです。

公式サイトからわかるクリアネオの特徴とは

また、クリアネオの特徴は、クリームタイプということも挙げられますよ。

デオドラント用品にはさまざまなタイプがあり、スプレータイプやシートタイプ、ロールオン、そしてパウダータイプとたくさん出回っているので部位によって使い分けるのも良いでしょう。

スプレータイプはシュッと一吹きするだけで広範囲に成分を塗布できて手軽なことが魅力ですし、夏場は特に冷却効果なども期待できます。

また、シートタイプならかいた汗をぬぐうこともできて一石二鳥になりますし、べた付く汗がなくなればそれだけで爽快な気分になれるでしょう。

そして、パウダータイプであればサラッとしているので真夏の肌のべた付きを解消するにはうってつけです。

しかし、いずれも成分が肌に密着する時間が短くなるため、デオドラント効果の薄れるスピードはかなり早くなってしまいます。

その点、クリアネオのようにクリームタイプなら、しっかり塗り込むことで効果を長いこと持続させることができ、汗で落ちてしまうことも少ないといえますよ。

クリームタイプといっても、肌に塗るとすぐに浸透してさらっとした感触になります。

これなら真夏に使ってもべた付くことはありませんよ。

日中にかいた汗が気になる時には、汗を拭きとってからクリアネオを塗り込むと良いでしょう。

汗そのものがニオイの原因となるので、完全に拭きとってから塗る方がその後のニオイ抑制効果を高めることができますし、肌を清潔にすればニオイの原因である雑菌を少なくすることにつながります。

コメントする